ウェディングドレスのシルエットライン

ウェディングドレスのシルエットライン

一般的によく知られているラインはプリンセスラインと呼ばれるもので、上半身が体にフィットし、ウェストからスカートが大きくふくらんだドレスです。

花嫁さんにも一番人気のあるラインです。最近では、スカートの広がりがプリンセスラインに比べて抑え気味のベルラインや、スカートがナチュラルに広がるタイプのAラインも人気がありますね。

他にもマーメイドラインやスレンダーラインなどのように、体にフィットする部分が多いタイプのものもあります。

女性らしいシルエットを出してくれるラインなので、身長の高い人やスタイルの良い人が着こなすととてもかっこ良くステキに見えます。いろいろなラインを試着して、自分にピッタリのものを見つけましょう。

ウェディングドレスのスリーブ・ネックデザイン

ウェディングドレスのデザインはラインだけではありません。スリーブやネックにも様々な形があります。最近は胸元や腕の露出が大きいものが人気です。

ビスチェやオフショルダーなど、腕から肩にかけてのラインを露出してしまうタイプのデザインが多いです。肌の露出が高いと豪華に見えますし、若々しい印象があります。

逆に体型に自信のない人や少し年齢が高い人には袖の長いものや胸元の開きが少ないものが人気です。

袖が長いロングスリーブや、胸元から首までを隠してくれるスタンドなどは、肌の露出が苦手な人にも人気がありますし、清楚で上品なイメージを与えてくれます。袖や胸元だけでも印象は大きく変わってくるので、じっくり選びたいポイントですね。

カテゴリー:ドレスの種類

Powered by
Movable Type 4.261